ピンサロと箱ヘルの違い。コース料金やプレイ内容を比較してみた。

ピンサロと箱ヘルって何が違うんだろう…と、両者の違いに対し疑問を感じていはいませんか?

今回は、そんなピンサロと箱ヘルの違いを比較していきます。

MEMO
  • ピンサロと箱ヘルの違いが全くわからない
  • どちらも同じ風俗だけど何が違うの?
  • 値段やサービス以外にも違いはある?

今回の記事を読めば、コース料金やプレイ内容など、ピンサロと箱ヘルの基本的な違いを知ることができます!

ピンサロと箱ヘルの違い

ピンサロと箱ヘル、どちらも男性を気持ち良くしてくれる風俗サービスですが、実は細かい部分でいろいろ違いがあります。

そんなピンサロと箱ヘルの違いをまとめてみました。

プレイ内容

ピンサロの主なプレイ内容は、キス・フェラ・手コキなどです。
さらに「花びら回転」という、複数の女性が入れ代わり立ち代わり相手をしてくれるピンサロ独自のサービスもあります。
しかし短時間でサクッと抜くことが主流とされているピンサロなので、それほど凝ったプレイまではできません。

対する箱ヘルは、キス・フェラ・手コキの他に、素股や69といったプレイもできます。
コスプレやバイブなどオプションも多種多様なので、ピンサロよりも幅広い遊び方が可能です。

ピンサロはシンプルプレイに特化、箱ヘルは多彩なプレイが楽しめるという印象ですね。

コース料金

ピンサロのコース料金は、30分コースで5,000円~6,000円程度です。
中には30分4,000円でOKなピンサロ店もあります。
ピンサロは低価格で利用しやすいので、お財布の中身が寂しいときにもうってつけでしょう。

そして箱ヘルのコース料金ですが、こちらは60分15,000円程度です。
コース料金だけ見るとピンサロより高いですが、箱ヘルはピンサロと違い、そもそもの時間設定が長いですからね。
箱ヘルの料金を30分に換算すると7,500円なので、実際はピンサロよりやや高いかな?くらいの価格と言えます。

営業時間

ピンサロや箱ヘルなど、店舗型風俗の営業時間は朝6時~夜12時までと決められています。
そのためピンサロも箱ヘルも、深夜から明け方にかけては営業していません。

しかしピンサロと箱ヘルは、営業スタート時間に違いがあります。
ピンサロはお昼の11時くらいから始まるのに対し、箱ヘルは9時~10時など早めに開店することが多いです。

朝から遊びたい時は箱ヘル、昼からのんびり楽しみたい時はピンサロ…など、その日の気分に合わせて使い分けてみるのも良いかもしれませんね。

部屋の形態

ピンサロと箱ヘルは、部屋の形態もまるで違います。

ピンサロは部屋というよりも席であり、パーテーション・カーテン・観葉植物などで仕切られた小さいブースの中で楽しむスタイルです。
声やプレイの様子がわかっちゃうんじゃないの?と思うかもしれませんが、照明も薄暗く大音量のBGMもかかっているので、意外とわかりません。

しかし「すぐ近くで他の男女が…」と思うと気になりますし、万が一見られたらどうしようと考えるとプレイにも集中しにくくなります。
またピンサロは男性従業員が常に見回りチェックをしているので、正直あまり落ち着かないかもしれません。

その点個室の箱ヘルなら、周囲の目を気にすることなくゆっくり楽しめるでしょう。
また席(ブース)ではなく部屋なので、空間もゆったりとしていて落ち着きます。

シャワーの有無

ピンサロと箱ヘルの大きな違いのひとつが「シャワーの有無」でしょう。

ピンサロは、おしぼりやウェットティッシュを使って性器を拭くだけです。
対する箱ヘルは、プレイ前後にしっかりシャワーを浴びることができます。

ピンサロは箱ヘルと違い簡素的なプレイが中心ですし、回転率も非常に高いです。
そのため箱ヘルのようにシャワーを浴びる時間は設けられていません。
このことから「チ○コだけ拭いて終わり?」と抵抗を感じる方も多いです。

しかし箱ヘルなら、プレイ前はもちろんプレイ後にもシャワーを浴びることができます。
(むしろシャワータイムもプレイの流れのひとつです。)
サッパリした状態でプレイを楽しめますし、お互い清潔な体なので嬢を舐めたり触ったりもしやすくなります。

衛生面が気になる方は、シャワーが有る箱ヘルのほうがおすすめです!

嬢の年齢層

ピンサロで働く嬢は、18歳~20代と比較的若い女性が多いです。
一方箱ヘル嬢はピンサロ嬢よりも年齢層が幅広く、30代~40代の女性も在籍しています。
(中には年齢を偽って働く箱ヘル嬢もいるとか…。)

また箱ヘルでは、人妻系や学園系などカラーが異なるお店も多いです。
そういったお店のカラーによっても在籍嬢の年齢は変わります。

もちろんピンサロにも年齢が高い嬢はいますが、割合的には若い嬢がほとんどです。
若い女性と遊びたい方にはピンサロを、幅広い年齢層の女性と楽しみたい方には箱ヘルをおすすめします。

ピンサロと箱ヘルの共通点

様々な違いが存在するピンサロ&箱ヘルですが、実は共通点も存在します。

ピンサロと箱ヘルの共通点、それは「本番以外のプレイで気持ち良くしてもらう」ということ。

ピンサロも箱ヘルも、コース料金やプレイ内容などいろいろ細かい違いはあるものです。
しかし「本番なし」という点は、ピンサロも箱ヘルも完全に共通しています。

ピンサロも箱ヘルも、女性のオマ○コを使わずしてイクという点では同じですね。

ピンサロや箱ヘルで遊ぶ時の注意点

では最後に、ピンサロや箱ヘルで遊ぶ時の注意点についてまとめていきます。

本番禁止

「ピンサロと箱ヘルの共通点」でも触れた通り、ピンサロも箱ヘルも本番行為禁止です。

お金の受け渡しをしてコッソリ本番する嬢&客もいますが、バレたら罰金・出禁など重い処分を受けることになります。
特にピンサロは従業員が常に見回りをしていますし、個室ブースというバレやすい環境でもあるので危険です。
もちろんムリヤリ襲おうとしたり強要するのもNG!

ソープは例外ですが、ピンサロや箱ヘルなど一般的な風俗においての本番は固く禁じられているので、気を付けましょう。

性病リスク

ピンサロ嬢や箱ヘル嬢の多くは、定期的に性病検査を受けています。

しかし、検査を受けているからといって安心はできません。
やはり不特定多数の男性を相手にしていることに変わりはないため、何らかのキッカケ・タイミングによって性病をうつされることもあります。

ピンサロや箱ヘルで遊ぶ時は、ある程度の性病リスクも意識しておきましょう。

パネマジ

ピンサロや箱ヘルで遊ぶ際、避けては通れない問題と言えるのが「パネマジ」です。

  • 写真では美人だったのにブスが来てガッカリ…
  • 痩せてる子を選んだはずなのにデブが来ちゃったんだけど…

など、特に初心者さんのうちはほぼ間違いなくパネマジ被害に遭うものです。

パネマジを見破るコツやポイントもありますが、不安な場合はまずお店のボーイに相談することをおすすめします。

まとめ

コース料金・プレイ内容・営業時間など、ピンサロと箱ヘルには多くの違いが存在します。

それぞれ特徴が異なるので、どちらのお店が最適か、違いを比較しながらじっくり検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です