性感エステと回春エステって違うの?遊び方や料金なども解説

性感エステと回春エステの違いがわからず、どちらにしようか悩んではいませんか?

性感エステも回春エステもよく似ていますが、実際はいくつかの違いが存在します。

そこで今回は、性感エステと回春エステの違いや遊び方についてまとめてみました。

MEMO
  • 性感エステと回春エステの違いがわからない
  • どちらを選ぼうか迷っている
  • それぞれの遊び方や料金も知りたい

今回の記事を読めば、性感エステと回春エステの違いはもちろん、詳しい遊び方や料金相場もわかります!

性感エステと回春エステの違い

性感エステも回春エステも、一見するとそれほど違いはありません。

どちらもマッサージ&ハンドフィニッシュで抜いてもらうサービスです。

しかし全く同じというわけではなく、実際は次のような違いが存在します。

得られる効果・目的が違う

「性感」は、読んで字のごとく性的な快感を感じることを意味します。
対する「回春」は、みなぎっていた青春時代(春の時期)への回復を期待するという意味です。

  • 性感エステ:性感帯の刺激を目的とするエステ
  • 回春エステ:男性機能回復を目的とするエステ

このように性感と回春では、エステにより得られる効果・目的が微妙に違うのです。

サービス内容が違う

性感エステでは、オイルやパウダーを用いたソフトタッチのマッサージが行われます。
性感帯の感度を高めることが目的なので、全身をくまなく優しくマッサージしてくれますよ。

対する回春エステは、全身マッサージと同時に前立腺・睾丸マッサージも行います。
男性機能回復・精力増強を目的としているため、前立腺や睾丸もしっかり刺激してくれるのが特徴です。

最終的に抜いてくれるのは両者共通していますが、抜きに至るまでの経過に若干の違いがあると言えます。

性感エステ・回春エステの遊び方

性感エステと回春エステの遊び方や流れは、ほぼ同じです。

お店を探して予約する

まずはホームページや情報サイトなどを見て、行きたいお店を探しましょう。

好みのセラピストやエリアなど、自分の希望に合うお店を色々チェックしてみてください。

また性感エステや回春エステは、基本的に下記3種類の営業形態となっています。

  • お店に出向いて遊ぶ「店舗型」
  • 受付のみお店で済ませてホテルで遊ぶ「受付型」
  • 電話で受付・予約をしてホテルで遊ぶ「派遣型」

お店を選ぶ時は、そのお店の営業形態も確認しておくと良いでしょう。

電話の他、メールや専用フォームから予約することも可能です。

支払いを済ませる

予約をしたら、受付・支払いを済ませましょう。

店舗型・受付型の場合は、お店(受付所)で料金を支払い、セラピストの登場を待ちます。
派遣型の場合は、ホテルでセラピストと対面してから料金を支払えばOKです。

シャワーを浴びてマッサージ開始

料金の支払いを済ませてセラピストとご対面したら、いよいよマッサージタイムが始まります。

とはいえ、いきなりマッサージに突入するお店はほぼありません。
大抵の性感エステ・回春エステでは、マッサージ前にシャワーを浴びて体をキレイにします。

シャワーを浴びたらベッドに横になり、まずはアロマやパウダーを使っての全身マッサージからスタート。
オイルのヌルヌル感やパウダーのサラサラ感と共に、肩から足まで気持ち良くほぐしてもらいましょう。
そして密着マッサージや前立腺マッサージなど、性感・回春ならではの施術で快感にどっぷり浸っちゃってください。

最後はハンドサービス(手コキ)でフィニッシュです!

マッサージ終了

時間が来たら、シャワーを浴びてマッサージ終了です。

店舗型はセラピストがお見送りをしてくれます。
受付型・派遣型の場合は、セラピストと一緒にホテルを出てお別れです。
(派遣型は1人で先に出るor後から出ることもできます。)

またセラピストの多くは、自身の名刺を所持しています。
「次も指名したい!」と思ったら、ぜひセラピストから名刺をもらっておきましょう。

性感エステ・回春エステの料金相場

遊び方と同様、性感エステも回春エステも料金相場にそれほど違いはありません。

性感エステと回春エステの料金相場は、60分で10,000円~13,000円程度です。

60分10,000円以下の格安店も存在しますが、大体10,000円~のお店が多いですね。

ちなみに一般的な風俗店だと、60分15,000円程度が相場とされています。
性感エステも回春エステも、普通の風俗より安く利用できるのが魅力ですね。

またコース料金以外の金額相場は以下の通りです。

  • 入会金:1,000円~2,000円
  • 指名料:1,000円~
  • オプション料金:1,000円~5,000円
  • 延長料金:30分5,000円~

受付型・派遣型エステの場合、上記の他にホテル代もかかります。
(派遣型だとさらにセラピストの交通費も必要です。)

またコース料金内にホテル代を組み込んでいるお店もあります。
ホテル代が含まれているか否か、事前に確認しておくと良いでしょう。

性感エステも回春エステも「3ない」サービス

性感エステも回春エステも、

○脱がない・舐めない・触らせない

上記3つの「ない」をルールとした3ないサービスです。

普通の風俗を好む方からすれば、やや物足りない印象かもしれません。

しかし

  • 自分から動くのは疲れる
  • どちらかというと受身
  • 性病リスクが心配
  • 疲れを取りたい
  • 癒しが欲しい

上記のどれかひとつにでも当てはまったら、性感エステ・回春エステにハマる可能性大…!

性感エステも回春エステも、普通の風俗にはない独特の魅力があるのでおすすめです。

まとめ

性感エステと回春エステはとてもよく似ています。
遊び方や料金も、それほど大きな違いはありません。

ただし効果や目的、サービス内容はそれぞれ若干異なります。
性感エステと回春エステの違いをふまえたうえで、どちらが自分に向いているかチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です