ハプニングバーに行ってみたいんやけど、一人で行っても大丈夫?

「ハプニングバーに一人で行ってみたい」と思う反面、「本当に一人で行って良いものなのか?」と悩んでしまう人は多い。

たしかにハプニングバーへ一人で行くのは、少々勇気がいるかもしれない。

普通のバーと違い、アブノーマルな香り漂うハプニングバーだとどうしても躊躇してしまうだろう。

 

そこで今回は「ハプニングバーへ一人で行っても大丈夫なのか」という問題にスポットを当ててみよう。

 

MEMO
  • ハプニングバーに行ってみたい
  • 一人でハプニングバーに行くのは変?
  • どうすれば一人でもハプニングバーを楽しめる?

今回の記事を読めば、ハプニングバーを一人で利用するメリットや楽しむためのコツが丸ごとわかるぞ!

ハプニングバーは一人で行ってもOKな場所

ハプニングバーって一人で行ってもいいの?と思う人は多いかもしれない。

特にハプニングバー初心者だと、一人で行くのはなんとなく気が引けてしまうものだろう。

 

しかしハプニングバーは、一人で行っても大丈夫な店だ。

実際ハプニングバーには、男女問わず一人で来ている客もたくさんいる。

 

「でもカップルじゃないとダメって聞いたことあるんだけど…」

という人もたまにいるが、これは誤解だ。

カップルでないと入れない店はカップル喫茶の方であり、ハプニングバーは一人でも複数でもどちらでも入れる。

 

たしかに秘め事を楽しむ店…という意味では、カップル喫茶もハプニングバーも同じにおいがするがw実際は全然違う。

簡単に言えばハプニングバーはエロも酒も楽しめる社交場で、カップル喫茶はスワッピング(パートナー交換プレイ)を目的とした店だ。

だから必然的にカップル喫茶はカップルオンリーになる…ってわけだな。

 

ハプニングバーは一人で行ってもOKな場所なので、単独で楽しみたい人にもうってつけなのである。

ハプニングバーはむしろ一人の方がおすすめ

ハプニングバーの単独利用をためらう人も多いが、実はハプニングバーは一人で行く方が断然おすすめだ。

一人で行くハプニングバーこそ最強、と言っても過言ではない。

 

そこでここでは、ハプニングバーの一人利用がおすすめな理由についてまとめてみた。

一人の方が口説きやすい・話しかけられやすい

ハプニングバーには、男性のみならず女性の一人客も多い。

例えば女性の一人客に、男複数人で声を掛けたらどうだろうか?

いくらハプニングバーとはいえ、何人もの男に話しかけられたら女性は警戒してしまう。

 

しかし自分と同じ一人客の男性なら、一人同士なので打ち解けやすい。

加えて、一対一の方がムードたっぷりで落ち着いて口説けるので有利だ。

 

また一人でハプニングバーに行くと、逆に女性の方から話しかけてもらえることも多い。

ハプニングバーは、複数人よりも一人で行く方が女性と仲良くなれる率が高いのだ。

友達の目を気にせず遊べる

一人で行くのが不安なことから、友達を誘ってハプニングバーへ行く人もいる。

たしかに自分の知っている人間が近くにいると心強いかもしれない。

 

しかしハプニングバーを心から楽しみたいなら、友達と一緒に行くのはおすすめできない。

なぜなら友達が近くにいると、友達の目を気にしてしまい大胆な行動に出られなくなるからだ。

 

バーはバーでも、ハプニングバーは普通のバーとは違う。

最低限のルールさえ守れば何でもアリな大人の社交場だ。

合意さえすれば、乱交や複数プレイに発展することもザラにある。

自分の性癖や恥ずかしい部分をドーンと晒せるわけだが、すぐ側に友達がいると大胆になれないまま終わってしまう。

やっぱりそこは「こんな自分を身近な人間に見せるのは恥ずかしい…」という意識が働いちゃうんだよな。

 

その点一人なら、誰の目も気にせず自由にのびのびと遊べる。

心の底から存分に楽しむという意味でも、ハプニングバーは一人の方がおすすめだ。

誰かと行くと内輪だけで盛り上がるハメに…

2人以上のグループ客だと、女性はおろか男性客からもあまり話しかけてもらえない。

つまり女性を口説くのはもちろん、ハプバーを愛する同性とも仲良くなりにくいのである。

「野郎と仲良くなってもしょうがない」と思う人もいるかもしれないが、ハプバー好きな男性は同士であり仲間だ。

狙い目の女性客や遊び方のコツなど、情報収集や有益な意見交換も交わせるので、女性客とはまた違った楽しさや面白さが味わえる。

 

しかし男性客も、複数人で来ている客より一人客の男性の方が話しかけやすいらしい。

そのため誰かと一緒にハプニングバーへ行くと、内輪だけで盛り上がるしょうもない状態に陥りやすい。

 

「これなら居酒屋でも行った方がよかったんじゃね?」

「俺ら何のためにハプニングバーに来たんだろう…」

となりかねないので、時間を無駄にしないためにもハプニングバーは一人の方が良いだろう。

ハプニングバー上級者ほど一人で行くことが多い

ハプニングバーの一人客には、ハプバーの遊び方を熟知している上級者も多い。

むしろ遊び下手なタイプの方が友達と連れ添って行きがちだ。

「カップルで行った方がいい」という声も、ハプバー初心者や非モテタイプにありがちな意見である。

 

  • 女性を口説けなくても誰かと一緒なら安心!
  • カップルで行けば女性客と仲良くなれなくてもとりあえずカッコつくし~

という意識から、遊び下手な客ほど一人を恐れる傾向にあるのだ。

 

ところがハプニングバー上級者は、女性を楽しいハプニングへ導く自信に満ちている。

また「ハプバーは一人だからこそ自由度が高く楽しい」という、ハプニングバーの魅力をよくわかっている。

そのためハプニングバーは、上級者ほど一人で利用する確率が高い。

 

一人で行って大丈夫どころか、むしろ一人で行くことに醍醐味がある場所なのだ。

ハプニングバーを一人で楽しむためのポイント

最後に、ハプニングバーを一人で楽しむためのポイントについて解説しようと思う。

自分から話しかける

ハプニングバーに一人で行くと、他の客から話しかけてもらえることもある。

しかしせっかくのハプニングバー、ただ座って待っているだけでは勿体ない。

女性客も誰かに誘われることを待っているので、こちらからどんどん話しかけてみよう。

自分から積極的に話しかけていけば、そのぶんハプニングチャンスも訪れやすくなるぞ…!w

油断は禁物

ハプニングバーは、女性客よりも男性客の方が多い。

店にもよるが、だいたい女性3割・男性7割程度なので、周囲はライバルだらけだ。

ちょっと目を離したスキにターゲットが他の誰かに奪われていた…なんてケースも少なくない。

あっという間にライバルがかっさらっていくので、油断は禁物だ。

 

イケそうな女性がいたら、すかさず声をかけて距離を縮めよう。

できるだけ新規客を狙う

ハプニングバーで女性を誘うなら、新規客の方がおすすめである。

なぜなら新規の女性客は、慣れていないがゆえに断るのも上手くないからだ。

また初めてで興味津々状態なので、エロに対する期待度も高い。

 

常連客はすでに相手が決まっていることも多いため、「まだお相手がいない」という意味でも新規客は狙い目だ。

 

ただし調子に乗って強引な誘いをかけると、たちまちドン引きされるので注意すべし。

女性に好印象を与える

女性に対して好印象を与えられる男性はモテる。

これはハプニングバーでも同様だ。

清潔感を出し、優しく丁寧に紳士的に振る舞えば、大抵の女性は好印象を抱いてくれる。

 

印象を良くして女性をその気にさせれば、ハプバーでのエロハプニングも大いにあり得るぞ。

一人でも堂々と行ける!ハプニングバーで遊んでみよう

「他の客と仲良くなりやすい」「知り合いの目を気にしないで済む」など、ハプニングバーは一人でも(というかむしろ一人の方が)楽しめる場所だ。

一人でも堂々と行ける店なので、ぜひ単独で利用してみていはいかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です