おっパブってどんなところ?個室とかあるん?

おっパブってどんなところなんだろう?と、おっパブの実態について疑問を抱いたことはないだろうか?

今回は、そんなおっパブの気になるアレコレについて紹介していこうと思う。

 

MEMO
  • おっパブがどんなところなのか知りたい
  • おっパブって個室もあるの?
  • 料金や遊び方ってどんな感じ?

今回の記事を読めば、おっパブの趣旨やシステムなど、おっパブの基本について理解できるぞ。

おっパブとはどんなところなのか?

一体おっパブとはどんなところなのか?

おっパブの存在は知っていても、どんなことをして楽しむ場所なのか、具体的にわからない人も少なくない。

そこでここでは、おっパブとはどんなところなのかについて解説していきたいと思う。

簡単に言うと「お触りOKなキャバクラ」

おっパブとはおっぱいパブの略称で、その名の通り女性のおっぱいを触ることができる飲み屋のことだ。

ちなみにおっパブ以外だとセクキャバ(セクシーキャバクラ)とも呼ばれている。

 

一言で簡単に言うと、おっパブは「お触りOKなキャバクラ」というわけだ。

 

キャバクラで女性の体を触るのはNGだが、おっパブならば許される。

むしろ触ることがメインの場所なので、キャバクラよりも数段エロイ楽しみ方が出来てしまう。

 

ただしお触りOKだからといって、全てが許されるわけではない。

  • 女性の服を脱がす
  • 女性の下半身を触る
  • 自分の性器を露出する
  • 抜いてもらう

といった行為はNGである。

 

おっパブは、おっぱいなど女性の上半身を触りつつ酒を楽しむ店だ。

あくまでセクシーなキャバクラであり、風俗店ではないので注意しよう。

個室用意のおっパブもあり

おっパブでは、カーテンなどの仕切りがついた半個室席が用意されている。

そのため周りが楽しんでいる様子は見えにくい作りになっているのだが、

「やっぱりちょっと落ち着かないよな~」

なんて人もいる。

 

その場合は、個室完備のおっパブがおすすめだ。

個室であれば、他の客の存在・視線・プレイの様子などを気にすることなく楽しめる。

加えておっパブ嬢と2人っきりになれるので、より濃ゆいおっパブタイムが味わえるだろう。

 

ただし個室を儲けているおっパブ店は一部なので、必ずしも個室を利用できるとは限らない。

もし個室を希望する場合は、事前に個室ありのおっパブ店をリサーチしておこう。

 

またおっパブで個室を利用する際は、20分2,000円など別途料金が加算される。

やはり個室という特別な空間を利用すると、そのぶん料金も高くなるのだ。

個室の有無をチェックする際は、金額も併せて確認しておくことをおすすめする。

おっパブの基本的な遊び方

おっパブがどんなところかの次に気になるのが「遊び方」だ。

ここでは、そんなおっパブの基本的な遊び方についてまとめてみた。

お酒を飲みつつおっぱいを楽しむ

お酒を飲みながら女性のおっぱいを揉む・触るというのが、おっパブでの基本スタイルだ。

まあお酒を飲みながら…とはいっても、実際は酒なんてそっちのけでおっぱいに夢中な人がほとんどだがw

もちろん女性と話しながらのお触りもOKなので、エロも会話も酒もまとめて楽しみたいという人にうってつけである。

(ただし普通のキャバクラと違いお触りがメインなので、嬢のトークスキルに対して過度な期待は禁物だ…!)

1セット40分程度が基本

おっパブでは、大体1セット40分が基本となっている。

特定のおっパブ嬢を指名しないいわゆる「フリー」で入ると、15分程度で別の女性がやって来る。

そのため1セットで2~3人のおっパブ嬢と楽しむことが可能だ。

 

常連なら指名も有りだが、初めてならとりあえずフリーでOKだろう。

もし「いいな~」というおっパブ嬢が現れたら、別途料金を支払い「場内指名」としてそのおっパブ嬢と遊び続けることもできるぞ。

「ハッスルタイム」なるサービスも

おっパブでは、「ハッスルタイム」という特別サービスを用意している店もある。

ハッスルタイムに突入するとノリのいい音楽がかかり、たちまち店の中が暗くなるのだ。

その盛り上がりに任せて女性の上にまたがり、おっぱいをガンガン揉みしだくというのがハッスルタイムの基本スタイル。

暗い店内と激しい音楽が、おっパブ嬢と客の乱れっぷりを加速させてくれる。

 

おっパブで下半身を触るのはNGだが、ハッスルタイムの時は尻程度なら触らせちゃう嬢もいるとかいないとか…w

ちなみに「サービスタイム」「ダウンタイム」など、別の名称で呼んでいる店もある。

盛り上がりたい日はハッスルタイムありのおっパブ、終始自由に楽しみたい場合はハッスルタイムなしのおっパブがおすすめだ。

おっパブの料金相場はいくらぐらい?

おっパブの料金相場は、大体40分で5,000円~8,000円程度だ。

他に入会金や指名料もかかるが、10,000円もあれば問題なく楽しめるだろう。

早い時間に行けば1,000円~2,000円程割引してくれる店もあるので、割引OKな店を事前に調べておくのもおすすめだ。

まとめ

今回は、おっパブとはどんなところなのかについて紹介してみた。

女性と楽しく飲んでおっぱいを触りまくりたい!という人にはとてもおすすめなので、興味がわいたらぜひ一度試してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です