風俗嬢がもらった食べ物は「スタッフにあげる」or「捨てられる」の2択って本当?

風俗嬢がもらった食べ物は捨てられるorスタッフにあげるの2択、という噂を耳にしたことはないだろうか?

百歩譲ってスタッフにあげるならまだしも、あげた側からすると捨てられるのはなかなか辛い。

しかし風俗嬢の方も、食べ物系のプレゼントは実際かなり困るらしい。

 

果たして「風俗嬢に渡した食べ物は大抵捨てられる」という説は本当なのだろうか?

 

MEMO
  • 風俗嬢に食べ物を渡したいと思っている
  • 実はもう食べ物を渡したけど「捨てられたのでは…」と不安
  • 食べ物系差し入れに対する風俗嬢の気持ちが知りたい

今回の記事を読めば、風俗嬢に食べ物をあげることの危険性がよくわかると思う。

風俗嬢の食べ物プレゼントに対する本音が知りたい人は必見だ。

風俗嬢にあげた食べ物は捨てられる運命…

結論から言うと、残念ながら風俗嬢にあげた食べ物のほとんどは捨てられる運命にある。

 

「せっかく買ったのに捨てるとかひどいな…」

「食べ物を粗末にするな!」

と思う気持ちもわかる。

 

しかし風俗嬢の立場からすると、食べ物は客からもらいたくない差し入れランキング上位に食い込むシロモノなのだ。

 

「食べ物を持ってきた客のことが嫌い」とか、そういった個人的な感情が絡んでいるわけではない。

風俗嬢が食べ物系を嫌がる詳しい理由は改めて後述するが、とにかく風俗嬢への食べ物はほぼ捨てられると考えていい。

捨てられる他にスタッフへあげることも

風俗嬢がもらった食べ物には、捨てられる以外にもうひとつの道が用意されている。

「これ皆で食べて~」と、風俗嬢ではなくスタッフの手に渡るのだ。

黒服・スカウト・ドライバーなど、店の関係者が風俗嬢の代わりに美味しくいただいてしまうのである。

「食べ物を粗末にしてはいけない」という観点から見れば、捨てられるよりはスタッフにあげる方がまだマシかもしれない。

 

しかし

「俺は○○ちゃんにあげたんだよおおぉ」

「なんで関係ない野郎共の腹の中に…(悲)」

と思うと、店のスタッフにあげるというのもそれはそれで悔しさが残る。

 

ただ、中には喜んで食べてくれる風俗嬢もいるようだ。

 

しかし喜んで食べる派は少数派であり、大半の風俗嬢は捨てるorあげるのどちらかだろう…。

風俗嬢が食べ物を嫌がる理由

風俗嬢がもらった食べ物は、基本的にスタッフにあげるか捨てられるかの2択だ。

では、そもそもなぜ風俗嬢は客からの食べ物を嫌がるのだろうか?

変なものが入っていたら怖い

風俗嬢が食べ物系の差し入れを嫌がる一番の理由はこれだろう。

 

例えば目の前で一緒に買ったりすれば別だが、そうでないと風俗嬢は

「もし何か変なものが入ってたら…」

と、異物混入の恐れを考えて不安になってしまうのだ。

 

特に手作り系だとなおさら不安は募る。

また時々、開封済みの菓子などを渡す客もいるが、これも嬢をかなりドギマギさせるのでNGだ。

(そもそも開封済みのものを渡すこと自体、嬢に失礼だけどもw)

 

よく知っている間柄ならまだしも、客からの食べ物となると風俗嬢も警戒してしまうのだ。

好みに合わない

食べ物系は、相手の好みをリサーチしないで渡すとむしろありがた迷惑になる。

 

「わたしケーキとか甘いモノって苦手なんだよね」

「カスタードクリーム嫌いなのにシュークリームって(泣)困る…」

など、風俗嬢の好みに合っていない食べ物だと、単なる押しつけになってしまう。

 

「女性は甘いものが好き」と考えてしまうのもわかるが、実際は先入観でしかない。

仮に甘いもの好きだとしても、どんな甘いものが好きかは人それぞれである。

もし好みに合わず自分でどうにもできないとなれば、それこそスタッフにあげるか捨てられるかだ。

すぐに食べないといけない

風俗嬢がもらった食べ物の多くは、捨てられるかスタッフの胃袋に収まるかだ。

 

しかし

  • 弁当・寿司
  • たこ焼き・たい焼き
  • アイスクリーム

など、その場ですぐに食べる系の食べ物だとそうはいかない。

 

客が見ている前で、美味しそうに食べなくてはならないのだ。

 

どうしても無理という時は

「嬉しー♪でも今お腹いっぱいだから、後で食べるね☆」

などと言って断るらしいが、

 

それでも

「せっかく買ってきたんだから今食べてよ」

「冷めちゃうよ^^」

と勧めてくる客もいるとかで、本当にウンザリするらしい。

 

単にしつこいのか、新手の嫌がらせか、びっくりするくらい空気が読めないのか…。

(それか嬢を困らせたい変態サディストか!?w)

まあ差し入れしたいという気持ち自体は悪いことじゃないのでまだいいとしても、しつこく押し付けたり強制的に勧めたりするのはよくないよな。

体型を気にしている

スタイル維持に気を遣う風俗嬢からすると、「食べ物系は太るから迷惑」というのが本音らしい。

時々なら問題ないが、頻繁に食べ物ばかり持ってこられるとさすがに困ってしまうようだ。

ましてや風俗嬢が相手にする客は1人ではない。

 

1人からはケーキ、もう1人からは弁当、さらにもう1人からはまんじゅう…なんてことになったらどうだろう?

いくら運動したり普段の食事を控えたりしても、こうも食べ物責めでは調整も難しいだろう。

 

体型を気にする風俗嬢にとって、食べ物系の差し入れはあまり好ましくないのだ。

元々あまり食べない

風俗嬢の中には、元々あまり食べない少食な女性も存在する。

太ることを気にして食べないのではなく、そもそも体が受け付けないのだ。

日持ちする物ならまだしも、ナマモノ系だとすぐに食べることを要求されるため、嬢にとっては苦痛この上ない。

元々少食な風俗嬢もいるので、むやみやたらに食べ物ばかり持っていくのは考えものだ。

アレルギーが心配

稀ではあるが、アレルギーを抱えている関係で食べ物系差し入れを敬遠する風俗嬢もいる。

食べ物アレルギーの症状は多岐に渡り、じんましんなど体調不良の他、最悪の場合命に関わる恐れもある。

健康という重要な問題に発展してしまうので、そういった意味でも食べ物系は危険だ。

風俗嬢にあげる食べ物で比較的歓迎されやすいもの

風俗嬢に食べ物をあげる客は多いが、食べ物系は様々な理由により歓迎されにくい。

結果として、スタッフにあげるor捨てられるかの2択になってしまう。

 

ただし、比較的受け入れてもらいやすい食べ物もある。

日持ちする個包装系

ちょっとした菓子類など、ある程度日持ちする個包装の食べ物だと、風俗嬢も抵抗なく受け取りやすい。

個包装なら店のスタッフや他の風俗嬢とも分けられるので、少なくとも捨てられることはほぼないだろう。

また何日かに分けて食べられるということから、心理的負担も少ない。

 

逆にすぐ食べること必至なナマモノ系や、一度開けたら早めに食べないといけない袋系は歓迎されにくいので、注意しよう。

お茶・栄養ドリンクなどの飲み物

食べ物…というより正確には飲み物なのだが、同じ口に入れるもの繋がりだとお茶や栄養ドリンクも歓迎されやすい。

もちろん開封済みのドリンクはNGだ!(精子入ってたらどうしよう…とか本気で思われかねないからなw)

 

コンビニやスーパーで売られているペットボトルのお茶など、未開封のドリンクなら風俗嬢も気軽に受け取れる。

むしろ待機中などの空き時間にササッと飲めるので、結構喜ばれやすい。

 

また食べ物とは違うため、体型が気になる嬢やあまり食べない嬢でも受け取りやすいだろう。

【本音】風俗嬢は食べ物よりも現金の方が嬉しい

風俗嬢からもらった食べ物は、高確率でスタッフにあげられるか捨てられるかのどちらかになる。

 

では風俗嬢にとってどんなプレゼントが一番嬉しいかといえば、やはり現金だ。

 

  • 異物混入の危険性がない
  • 個人の好みやセンスに関係しない
  • 好きなものに使える

など、現金は風俗嬢にとって嬉しい要素盛り沢山のプレゼントなのだ。

 

とはいえ、誕生日など特別な記念日でもない限り、何万もの大金を用意する必要はない。

数千円のお釣りをチップとして渡す程度でも十分喜ばれる。

食べ物はスタッフ行きor捨てられるかの運命を辿ってしまうので、風俗嬢に何かをあげるなら現金の方がおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です