メンエスで絶対嫌われるだろって客の特徴

メンエスで嫌われる客には、いくつかの特徴が存在することをご存知だろうか?

せっかくメンエスに行っても、メンエス嬢からクソ客認定されてしまってはどうしようもない。

逆に良客と思われれば、「ちょっとサービスしちゃおうかな…♪」と思ってもらえるかもしれないぞ。w

 

そこで今回は、メンエスで嫌われる客の特徴についてご紹介。

 

MEMO
  • メンエスで嫌われる客の特徴が知りたい
  • メンエス嬢に嫌われていないか不安…
  • 逆にどんな客だとメンエス嬢に好かれるの?

今回の記事を読めば、メンエスで嫌われる客の特徴が一発でまるっとわかるぞ!

メンエスで嫌われる客の特徴とは

メンエスを利用するからには、メンエス嬢からの糞客認定を避けて楽しく気持ち良く遊びたいものだ。

もちろんメンエス嬢に不快な思いをさせないという意味でも、嫌われるような行いは慎むべきである。

 

というわけで、メンエスで嫌われる客の特徴をひとつずつ解説していこうと思う。

清潔感がない

臭い・汚いなど、清潔感のなさはメンエスで嫌われる客の特徴だ。

メンエスは客との距離感も近く、かつ客の体を触らなければならない。

異臭を放つ客や見るからに汚らしい客では、嫌悪感を抱くのも無理ないだろう。

 

メンエスに行く前はしっかり風呂に入り、最低限の身なりを整えることが大切だ。

お触りをしてくる

勘違いする人も多いが、そもそもメンエスは風俗店ではない。

あくまで女性にマッサージをしてもらうことが目的の店である。

 

そのためメンエス嬢へのお触り行為は禁止なのだが、中には平気でベタベタ触ろうとする客もいる。

そんなお触り野郎も、メンエスで嫌われる客の代表格だ。

 

「触りたいんなら風俗行けば?」「なんでメンエスに来るの?」と、糞客認定されること間違いなしである。

毛深い

メンエス嬢の中には、「毛深いのが苦手」という女性もいる。

毛深いかどうかは本人の体質によるところが大きいので、「それはさすがに酷じゃね?」と思わなくもない。w

 

だがメンエス嬢からすると、毛がモジャモジャした体を触るのはやはり抵抗があるのかもしれない…。

 

もちろん毛深いことを気にしないメンエス嬢もいるので、この辺は人それぞれだろう。

もし「俺毛深いし嫌われたらどうしよう…」と気になる場合は、あらかじめ毛を処理しておくのもひとつだ。

いろいろ勘違いしている

メンエスを利用する客の中には、

「おまえ何かいろいろ勘違いしているぞ…」

と突っ込みたくなるタイプの客も存在する。

 

例えばメンエス嬢に対して偉そうに接する客はその典型だ。

あとはメンエス嬢に優しくしてもらったことで、「俺イケてるのかな」と調子に乗り、嬢を口説いちゃうヤツなど。

 

メンエス嬢と客の間に上下関係は存在しないし、メンエス嬢が客に優しくするのは「仕事のひとつ」だ。

「俺は特別な存在だ」と図に乗っている客は、メンエス嬢からクソ客認定されやすい。

メンエスにおけるルールやマナーを完全無視した、勘違い野郎にならないよう注意しよう。

しつこく連絡先を聞いてくる

メンエスで最強に嫌われる客といえば、「しつこく連絡先を聞いてくる男」だろう。

 

電話番号・メールアドレス・LINEなど、嬢の個人的な連絡先をしつこく聞き出そうとする客は、間違いなく嫌われる。

ルール違反であることはもちろんだが、ストーカー的なニオイも感じられるので、嬢からすればかなり危ない嫌な客だろう。

 

どんなに仲良くなっても、あくまで「メンエス嬢と客」という関係性だということを、しっかりわきまえなければならない。

メンエスで好かれる客はこんな客

メンエスで嫌われる客の特徴を解説したところで、今度は好かれる客についてもまとめていきたいと思う。

ルールを守る

メンエスでルールをしっかり守ってくれる客は、非常に好感度が高い。

  • 連絡先をしつこく聞かない
  • きちんとシャワーを浴びる
  • お触りをしない

など、基本的なマナーを守ることが、メンエス嬢に好かれる良客への第一歩だ。

紳士的

紳士的でガツガツしていない客も、メンエス嬢から好かれやすい。

メンエス嬢は客を癒すため、精神的にも肉体的にも大きなエネルギーを消耗しながら日々働いている。

そんな中で優しい紳士的な客が現れると、「素敵な人だなあ…」と心が温かくなり、マッサージする手にも自然と力が入るのだ。

褒めてくれる

メンエス嬢は、仕事をする中で褒めることはあっても、褒めてもらうことは少ない。

たとえクソ客でも愛想や笑顔を忘れず、いつも褒めてあげる立場なのだ。

恐らく「ハァ~やってらんない」と思うことも多々あるだろう。

 

そんな中で、自分を褒めてくれる優しい客は救いの存在だ。

外見や内面、マッサージの技術など、なんでもいいから嬢を優しく褒めてあげよう。

 

さらに「いつも頑張っててすごいよね」「本当にお疲れさま」など、労いの言葉も嬢に喜んでもらいやすいのでおすすめだ。

身だしなみが整っている

メンエス嬢からすると、客として大切な要素は容姿よりも清潔感だ。

身だしなみが整っている客は、それだけで好感度がグンとアップする。

服や靴の汚れはもちろん、寝ぐせ・ヒゲ・臭いなどにも気を付けよう。

まとめ

メンエスで嫌われる客に成り下がると、せっかく店へ行っても「またコイツか…」と嬢に嫌悪感を抱かれてしまう。

しかしメンエス嬢に好かれる良客になれば、嬢との仲も自然と深まり、より良いサービスを受けられるようになるかもしれない。

メンエスで嫌われる客の特徴をしっかり理解して、ぜひとも嬢に嫌われない良質な客を目指してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です