【朗報】風俗で確実に本○をする方法見つけたった

風俗で確実に本番する方法があったら試してみたい!と考える男性は多いだろう。

デリヘルやホテヘルといった多くの風俗では本番が禁止されている。

どんなに美人でイイオンナでも、挿入という最終段階までいけないのが風俗の辛いところだろう。

 

だが、ちょっとした裏技的テクを使うことで、風俗での本番を確実なものにすることが可能だ。

今回は、そんな多くの男性が願う風俗本番実現方法について紹介したいと思う。

 

MEMO
  • 風俗で確実に本番する方法が知りたい
  • 風俗での本番交渉に失敗している
  • 本番したくてたまらないオキニ嬢がいる

今回の記事を読めば、風俗で確実に本番するためのポイントやコツがしっかり掴めるかと思う。

風俗での本番を目論むのであればw必読だ!

風俗で確実に本番する方法5選

風俗で本番なんてムリだろ?と思うかもしれない。

もちろん基本はNGだが、やり方次第で本番に持っていくことは十分可能と言える。

 

そんな風俗で確実に本番するための具体的な方法が次の5つだ。

清潔感を出す

風俗で確実に本番したいのであれば、まず第一に清潔感は絶対だ。

 

例えば汚いイケメンと小綺麗なブサメンがいたとする。

「汚くて臭くてもイケメンの方がいいんだろ?」と思うのは大間違いだ。

清潔感のない客は、たとえイケメンであっても風俗嬢に嫌悪感を抱かれてしまう。

「こんな汚い男とセックスするなんて嫌だ」「病気持ってそう」なんて思われてしまったら、本番なんて夢のまた夢…。

 

逆にブサメンでも、身なりの整った清潔感あふれる出で立ちなら、確実に好印象を与えられる。

風俗嬢と本番するにあたり、「清潔感」は絶対条件のひとつと言えるだろう。

風俗嬢を褒める

風俗にはクソみたいな客も多くやって来る。

そんな中で、自分を褒めてくれる客がいたらとても気分が良くなるものだ。

もちろん結果として、本番OKの可能性もぐ~んと上がる。

風俗嬢と対面したら、ぜひこことぞとばかりに相手を褒めよう。

 

しかしあまりにも大袈裟だったり、的外れな褒め方は逆効果なので注意だ。

 

例えば写真より実物の方がランクが下がる場合、

  • 写真通り美人だね~!
  • うわ、写真よりも綺麗だなー!

なんて褒め方をするとマズい。

他の誰でもない、本人が一番写真より劣っていることを自覚しているからだ。

 

「いやいや…さすがに嘘でしょ」

「むしろバカにされてる気分なんですけど」

と、あまりにも見え見えのお世辞はかえって風俗嬢の気分を下げてしまう。

 

もし容姿の部分で褒めることが難しければ、

  • 声が好き
  • 癒される
  • 髪サラサラだね

など、なんでもいいので相手のいいところや長所っぽい部分に着目してみよう。

 

相手の心をくすぐる褒めは、風俗で確実に本番をするための効果的かつ定番のテクニックだ。

ロングコースを利用する

正直言って、ほとんどの風俗嬢は金のために日々頑張っている。

私エッチ大好きだから☆とかいうのは稀で、大半の嬢は高収入欲しさに風俗をやっているのだ。

そのため金持ちアピールをすると、本番成功率も飛躍的に上がる。

 

しかし、露骨な金持ちアピールは逆効果だ。

高級腕時計を見せたり、「タワマン住んでるんだよね」といったアピールはイタイだけなので注意しよう。

 

じゃあどうすればさりげなくアピールできるかというと、ロングコースの利用だ。

 

風俗のロングコースを利用する客には、金に余裕のあるタイプが多い。

時間も料金も気にせず、ロングでゆっくり遊ぶ姿からは、いかにも金持ちらしいオーラが放たれる。

また焦らず距離を縮められる&本番交渉ができるのも、ロングコースの強みだ。

 

風俗嬢との本番を狙うなら、ショートではなくロングコースの利用をおすすめする。

ガツガツしない

本番したいからといってガツガツ攻めまくってしまうと、風俗嬢はドン引きする。

  • ちょっとくらいいでしょ?
  • ××ちゃんはヤラせてくれたよ
  • 固いこと言わないでさ~

など、ガッツいた言動をすればするほど本番から遠ざかるだろう。

 

確かに現実は本番をやっちゃう風俗嬢も結構いるが、誰とでもホイホイ本番するわけではない。

優しい男や紳士的な男など、「この人ならいいな」と感じられる客を選んで本番しているのだ。

 

ガツガツ感の無いスマートな振る舞いで接しよう。

さりげなく誘導してみる

清潔感を出して、風俗嬢を褒め、スマートに振る舞い、ロングコースを利用する。

ここまでくれば、本番するための下地はほとんど出来上がっていると言っていい。

そしてこの状態でプレイを行い、さりげなく誘導すれば、ほぼ確実に本番できるだろう。

 

最もやりやすい誘導方法が、ローションを使った騎乗位素股だ。

 

まず騎乗位だと、客が風俗嬢の体をコントロールできるので、入るか入らないかのラインで楽しむことができる。

さらにクリトリスなど、女性が快感を感じる部分も刺激しやすい。

その流れで挿れてしまえば、あとはもう風俗嬢の方もスイッチが入り、そのまま本番行きとなる。

 

ただし風俗の騎乗位素股では、ちんこが入らないよう嬢が先っぽを掴んでいるケースも多い。

 

だが「ちくしょう…ここまでか?」と諦めないでほしい。

騎乗位素股の際は、嬢の腰骨付近を優しくつかんで固定してみよう。

そして嬢を前傾姿勢にし、両手をこちらの胸などに置かせるのだ。

 

こうすればもうちんこの先っぽ(ひいてはちんこそのもの)は自由の身。

ベストな体勢を作り、ちょっとずつ刺激して気持ち良くすれば、ごく自然な流れで本番へ移行できるだろう。

風俗で確実に本番したいならソープがおすすめ

一般的な風俗では、本番行為禁止が当たり前のルールだ。

しかし風俗は風俗でも、ソープランドはちょっと事情が違う。

なぜならソープランドは、「個室内での自由恋愛」というタテマエで営業されているからだ。

 

つまりセックス(本番)も、

「体洗いながらの自由恋愛の延長線上で起きた出来事」

として扱われる。

そのため風俗で確実に本番するなら、ソープランドを選ぶのもおすすめだ。

 

ただしソープは、高級店になると軽く10万を超えるケースもザラにある。

なるべく安く遊びたい場合は、ややランクを落として格安店~大衆店程度を選ぶようにしよう。

風俗で本番する時の注意点

最後に、風俗で本番する時の注意点も見ていこう。

コンドーム必須

風俗は本番NGなので、風俗嬢側がコンドームを持っていることは基本ありえない。

(もし持っていたら、その嬢は本番が日常茶飯事な可能性が高い!)

 

せっかく本番OKの流れになっても、コンドームがなければ

「え、ゴムないの?」

「ゴムないんじゃちょっと無理…」

と、全てが終わりになってしまう。

 

本番可能な流れを壊さないためにも、コンドームは必ず持参しよう。

 

またコンドームは、性病を防ぐためにも有効なアイテムだ。

そもそもお客は他にもいるわけだから、自分だけに本番を許してくれているとは限らない。

不特定多数の人間(客)と本番をしていれば、性病のリスクもアップするだろう。

そんな状態でゴムなし本番は、こちらにとっても危険極まりない。

 

性病リスクを下げるという意味でも、コンドームは必須なのだ。

しつこい交渉NG

嬢が拒絶しているにもかかわらず本番交渉を続けると、店に連絡される恐れがある。

つまりしつこい本番交渉は、即刻退場・出禁・罰金請求など、最悪な展開を招いてしまうのだ。

相手の気分も不愉快にしてしまうので、風俗でのしつこい本番交渉は控えるべし。

 

1~2回交渉しても頑なに拒否されたら、潔く諦めた方が賢明だ。

ただし「えぇ~どうしようかなぁ~」など、押せば何とかなりそうな雰囲気であれば押してみるのも良い。

まとめ

今回は、風俗で確実に本番する方法についてまとめてみた。

風俗での本番は禁じられているが、嬢の心を掴めば案外簡単にヤレてしまったりする。

嬢を困らせたり店バレしないよう気をつけつつ、本番を狙ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です