【極秘】メンエス(メンズエステ)の裏オプで本○する方法を教える

メンズエステの美人メンエス嬢と本番したい!と思う男性は多いだろう。

しかしメンエスでの本番は禁止されているため、大っぴらに本番をお願いすることは出来ない。

それならば裏オプとして本番をお願いするまでである。

 

「いや、ダメだろ」という声が聞こえてきそうだが…。

そんな「ダメだろ」的な声を発する方も、この記事に辿り着いたからにはメンエスでの本番にちょいとばかし興味があるのではなかろうか?

 

もちろんメンエスでの本番は禁止されているが、実際のところメンエス嬢と裏オプ本番しているお客は意外と多く存在する。

そこで今回は、メンエスの裏オプで本番する方法についてまとめてみた。

 

MEMO
  • メンエス嬢と本番してみたい
  • マッサージだけでは物足りない
  • メンエスで本番する具体的な方法が知りたい

今回の記事を読めば、メンエスで本番するための具体的な流れやイメージが把握できると思う。

マッサージ以上の快楽を求めるメンエス好きはぜひ読んでみてほしい…!

メンエスで本番するためのマル秘テクニック

正直なところ、メンエスを本番目的で利用している男性は多い。

表向きはマッサージ目的だが、内心では「どうやって本番できるか」を密かに考えているものである。

(むしろ純粋にマッサージ狙いで行く人の方が少ないのではないだろうか…。)

 

というわけで、ここからはメンエスで本番するためのマル秘テクニックを解説していくぞ~。

まずは店選びが重要

メンエスでの本番が成功するか否かは、店選びの時点でもうすでに始まっていると言っても過言ではない。

メンエスは普通の風俗と違い、ちょっとお触りした程度で出禁をくらいかねない、なかなかハイリスクなジャンルだ。

それゆえ、風俗よりもさらに店選びを慎重に行う必要性がある。

 

では、具体的にどんなメンエス店が良いのだろうか?

 

本番したい人におすすめなメンエス店選びの主なポイントは、次の3つとなる。

ポイント1.出張or個室型

メンエスで本番がしたいなら、まず出張型or個室型は絶対と言える。

 

なぜなら出張型や個室型は2人っきりになれるため、本番交渉しやすからだ。

 

逆に店舗型かつ非個室型だと、周りに従業員がいるわ本番中の声が筒抜けになるわで、もう色々バレバレとなる。

こんなバレやすい環境下で本番に応じてくれるメンエス嬢はまずいないだろう。

 

メンエスで本番したい時は、出張型or個室型店舗の選択をおすすめする。

ポイント2.ホームページに住所明記なし

ホームページに住所明記がないメンエス店も、本番希望者にとっては非常に狙い目だ。

住所明記がないメンエス店には、住所(店の実態)を知られたくない何かが有る。

 

その何かとはズバリ「本番行為を行っている」ということなのだ。

 

ホームページに住所表記がなく、電話で案内してもらうタイプの店は本番率が高いのでおすすめである。

ポイント3.洗体サービス有り

メンエス店の中には、サービスのひとつとして「洗体」を取り入れている店もある。

洗体とは、メンエス嬢がお客の裸体を洗ってくれるサービスのことだ。

通常のマッサージよりも明らかにエロ度が高いサービスと言える。

 

そのため洗体有りの店に勤めるメンエス嬢は、本番など性的サービスに対する抵抗感も低め。

(もちろん全員とは言わないが、洗体サービスなしの店で働くメンエス嬢よりもガードがユルイ感じはする。)

 

メンエスでの本番を狙う場合は、ぜひ洗体サービスの有無にも注目してほしい。

清潔感を大切に

清潔感がない男性は、間違いなくメンエス嬢から嫌悪感を持たれる。

正直メンエス嬢からすれば体を触ることすら嫌なレベルだろう。

 

しかし本番となったら、そんな不潔な男のペニスが体内に侵入してくるわけである。

きったない男が好きという奇特な女性でない限り、警察に訴えたくなるほどの心理状態に陥るだろう。

 

  • 髪や髭をきちんと整える
  • 風呂に入る
  • 歯磨きをする
  • 汚れた服や靴は避ける

など、身だしなみをしっかり整えることも、メンエスで裏オプするための重要な要素だ。

コースはロングコース一択

メンズエステで手軽に遊びたいなら、50分程度の短めコースでも十分だろう。

しかし本番を狙うのであれば、90分以上のロングコースがおすすめである。

 

なぜならメンエスでの本番達成には、ある程度の時間が必要だからだ。

 

  • トークをして打ち解ける
  • スキンシップで徐々に慣らす
  • 本番交渉をする
  • OKをもらってやっと本番プレイ開始

…と、いくつかの段階を経てやっと本番に到達できる。

この段階を経るだけでもそれなりの時間がかかるだろう。

 

もちろん本番が始まってからが本番なので(ダジャレになってしまったw)、そこからさらに時間を要する。

全部諸々含めると、50分程度のショートコースでは到底足りない。

 

会って5分で交渉完了&本番プレイも5分で終了!なんて時短技はどう考えても無理なので、メンエスで本番するならロングコース一択だ。

うっかり勃起ペニスで自然にアピール

メンエスで本番を成功させるカギとなるのが「事故」である。

 

これはどういうことかというと、

「意に反してそうなってしまいました」

という方向へ持っていくということだ。

 

最もわかりやすい具体的な例が、勃起ペニスの放出である。

おっと出ちゃったぜ的なハプニングを装い、ギンギンに勃起したペニスを見せつけるのだ。

 

ここで嬢の反応(表情や雰囲気など)を見てイケそうだと思ったら、そっと嬢の手を掴みペニスへ誘導。

あとは嬢の手コキ→客の愛撫→適当にボディタッチ→なんやかんやで本番へ…という流れになる。

 

もちろん、途中で本気の拒絶があったらとりあえず引き下がっておくのが吉。

 

だが「え~どうしようかな~ww」程度であれば、何度か押してみることで結局本番へ行ける可能性が高い。

いきなりお願いするのではなく、まずはギンギンペニスをうっかり出してしまうところから始めてみよう。

ゴムの準備も忘れずに

せっかくメンエス嬢から本番OKの返事をもらっても、ゴムがなければ全てはお終いだ。

生でもいいよと言ってくれる嬢は少数で、ほとんどは「ゴム無いならちょっと…」と拒絶反応を示す。

ゴムなし本番は様々なリスクを孕んでいるので、こればっかりは仕方ないだろう。

 

しかし、たった1個のゴムがないだけで本番ができないのはあまりにも悔し過ぎる…。

 

メンエスで本番する際は、ゴムをしっかり準備しておくことも忘れないでほしい。

メンエスにおける本番以外のメリット

メンエスでは、本番以外にも多くのメリットが存在する。

まずメンエス嬢は可愛い子や美人が多く、衣装もセクシーなものがほとんどだ。

もちろん本番できるに越したことはないが、もはや店に行くだけで目の保養になるw

 

またメンエスは、マッサージ中にメンエス嬢とトークを楽しめる点もポイントだ。

他の風俗に比べてコミュニケーションが取りやすいので、メンエス嬢との距離も縮まりやすい。

 

距離が縮まって親しくなれば、それこそ本番OKの確率もアップするだろう。

メンエスで本番する際の注意点

メンエスでは、裏オプとして本番を楽しむことが出来る。

とはいえ、全てのメンエス嬢が本番を許してくれるとは限らない。

 

むしろ「本番は絶対にない」と固く決めているメンエス嬢もいるだろう。

 

言うまでもないが、メンエス嬢に対して無理やり本番を強要するのは厳禁だ。

逮捕されて犯罪者まっしぐら…なんて展開は誰もが避けたいだろう。

嫌がっているのに強要するのは絶対にNGなので、くれぐれも気を付けてほしい。

 

また店にバレると、罰金や出禁といったペナルティを受けてしまう。

メンエスでの本番を楽しむ際は、そうしたリスクもしっかり踏まえておくことが大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です